Plugin WordPress

【Shortcoder】WordPressの328記事の広告を一瞬で変えるプラグイン

更新日:

 

アフィリエイトのためにブログを書き始めたのに、広告主が出稿を止めたり、自分だけが契約解除されたことはありませんか?

 

私はあります(汗)

 

そんなときに慌てないように、別の広告に貼り替え易いように記事を作成しておけば、一瞬で替えることが出来ます。

 

今回は、「Shortcoder」というプラグインを紹介します。

 




 

Shortcoderはこんな時に威力を発揮

 

アフィリエイトブログを作成していく上で、一番困るのが広告の停止です。せっかく記事を書いても、アフィリエイト出来なければ意味がありません。

 

Shortcoderは、広告や記事の貼り替えに威力を発揮します。

 

広告の停止は突然

 

先日、ブログにリンクを貼っているM社から次のようなメールが届きました

これまでパートナーとしてご協力をお願いしておりましたが、貴方様のサイトの宣伝状況が弊社の希望と合致していなかった為、下記のプログラムについて契約を解除させていただきます。

 

現在掲載されている広告素材がございましたら、お手数ですが速やかに取り外しを行って下さい。

ご掲載の素材から申込みがあった場合、速報には表示されますが、成果報酬レポートには反映されません。

 

このサイトはメディアのネタバレ記事を紹介していて、M社の動画配信サービスをメインに紹介していたので、かなりの痛手でした!

 

328記事の貼り替え

 

上記サイトは328記事書き、ほぼ全ページにM社の広告を貼り、説明文も書いていました。

 

記事内容は下のような感じです。

 

元の記事

M社では30日間無料で動画を試聴できます。

最新の配信状況は上記サイトでご確認ください。

 

こんなのが328記事分です!

さらに下のようなテキストリンクも。

 

(例)今すぐM社を試してみる

 

328記事ですが、リンクの数はその4倍以上はあると思います。

 

これを全て下のように書き換え、アフィリエイトのバナーも貼り替えなければいけません。

 

書き換え記事

H社では14日間無料で動画を試聴できます。

最新の配信状況は上記サイトでご確認ください。

テキストリンクも下のようにしなければいけません。

 

(例)今すぐH社で無料体験

 

これをすべて普通に書き換えたら、まる1日掛かるんじゃないでしょうか

 

広告停止、変更は日常的にある

 

広告停止はよくあることです。

 

私のところにも、毎日のように案件が終了したというお知らせが届きます。

 

また、広告停止ではなくても、条件が変更になることがあります。

 

例えば2018年に「フジテレビオンデマンド(FOD)」のユーザー特典が「初回会員登録で1ヶ月間無料」だったのに、「AmazonPayの利用」を条件に追加しました。

 

「AmazonPay」のことを記事に書かなければ成果が認められなくなったのです

 

テレビ番組を紹介している人はページ数が多く、1000記事とか普通にあります。

 

それを全部修正するのは気の遠くなる話です。

 

そんな広告の貼り替えに便利なのが、「Shortcoder」というプラグインです

 

Shortcoderはショートコードを管理するプラグイン

 

広告の貼り付けにプラグイン「Shortcoder」を使っておけば、一瞬で貼り換えが終わります。

 

ショートコードとは

 

まず、ショートコードとはどんなモノなんでしょうか。

 

ショートコードとは

 

例えば、Googleアドセンスだと下のようなコード(実際はもっと長いです)を貼り付けると広告が表示されます。

<script async src="//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js"></scrip>
<!-- <span style="color: #ff0000;"><strong>ad1</strong></span> -->
<ins class="adsbygoogle"
data-full-width-responsive="true"></ins>
<script>
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
</script>

 

これをいちいちコピペするのは面倒なので、短い型に書き換えます。

例えば、アドセンスのad1 は[ sc name="ad1 "]というように。

 

同じ様にM社の広告は[ sc name="M3"]、H社の広告は[sc name="H10"]のように作れます。

 

ショートコードはプラグイン無しでも作れますが、専門知識が必要になります。

 

プラグインを使えば誰でも簡単に作成できます。

 

つまり、ABCDEFG という文字列を [ sc name="M5"] に一旦置き換えてしまえば、記事の中で [ sc name="M5"] と書くだけで、ブログ上ではABCDEFGと書き出してくれるのです

 

さらに [ sc name="M5"] の中身をABCDEFGからVWXYZに置き換えるだけで、VWXYZが表示されるようになります。

 

Shortcoderの使い方

 

前置きが長くなってしまいましたが、設定と使い方を説明していきます。

 

ここでは例として、上のアドセンスのコードのショートコードを作ります。

 

「Shortcoder」の新規追加とショートコードの作成

 

step
1
ワードプレスのプライグインの新規追加から「Shortcoder」をインストールし、有効化します。

 

プラグインのインストール方法は、こちらで解説しています

 

step
2
左のメニューバーの「設定」→「Shortcoder」を選択します。

 

step
3
[Create a new shortcode] のボタンを押します。

 

step
4
ショートコードの名前を付けます(半角のみ使えます)。ここでは、「Adsense text1」という名前にします。

将来、登録するコードはどんどん増えていくので、整理しやすいように名前を付けましょう。

 

step
5
アドセンスのコードを下の枠に入れます。

今回は「スポンサーリンク」の文字も入れ、中央に表示するようにします。

 

メモ次のように書けば、センターに配置され、「スポンサーリンク」と表示されます。

 

<CENTER>

スポンサーリンク<br>

アドセンスのコード

</CENTER>

 

下のようにコードを入れればOKです。

 

step
6
あとは一番下の [Create shortcode] のボタンをボタンを押せばショートコードの出来上がりです!

お疲れ様でした!

 

このように、コードだけでなく「スポンサーリンク」のような文章でも大丈夫です

 

将来を考えて、定型文はショートコードにしておきましょう。

 

ショートコードを記事に挿入する

 

記事に挿入するときは、アイコンをクリックして、使いたいショートコードの右にある「Quick Insert」をクリックすれば、[sc name="Adsense text1"]といったショートコード が記事の中に入ります。

 

これでネット上では、アドセンスが表示されます。

 

ショートコードの書き換え

 

ショートコードの中身を書き換えるときは、設定から変更したいコードをクリックして換えます。

一つ書き換えるだけで貼り付けた記事全てが一瞬で変わります。

 

なにも表示したくないときは、全て消して空にすればOKです。

 

ショートコードの名前は変更できません。

 

まとめ

 

「Shortcoder」を導入しておけば、後々、広告や説明文の書き換えが一瞬で終わることをご理解いただけたでしょうか。

 

導入が早ければ早いほど、後の作業が楽になります

 

ショートコードは使い方を工夫すれば、記事作成の効率が飛躍的に向上するでしょう

 

ぜひ、使いこなしてください!

-Plugin, WordPress

Copyright© BlogFarming , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.