WordPress速度改善 レンサバ速度比較

WordPress|無料テーマとレンタルサーバーの速度テスト!おすすめはコレ!

更新日:

 

おじさん
サブのサイトを作りたいんですけど、表示速度の速い無料テーマってどれなんですかね
「高速」がウリになっているテーマは多いけど、どれが一番速いかは分かりませんね
うさぎ
おじさん
じゃ、自分でテストしてみますか
速度は絶対値じゃないから、レンタルサーバーもいくつか比較したほうが分かりやすいですよ
うさぎ

 

ということで、今回はWordPressの無料テーマレンタルサーバーの表示速度を比較してみることにしました。

 

表示速度の速いテーマとサーバーを選ぶ理由

 

表示速度はランキングを決める要因になる

 

Googleは、ページの表示速度検索結果の順位を決める一つの要因であると公表しています。

 

また、訪問者についても「表示に3秒以上かかるウェブサイトでは、40%の人々が離脱する」と言われています。

実際、自分がスマホをいじっている時、表示の遅いサイトにイライラしたことはないでしょうか。

3秒は気が短すぎのような気もしますね
うさぎ

 

もちろん、サイトの運営は表示速度が全てではなく、デザインや記事の内容も大事です。

 

でも、表示速度も一つの要因であることを覚えておいてください。

 

表示速度の改善は難しい

 

プラグインなどを使って表示速度を改善すれば解決しそうなのですが、これが初心者にはなかなか難しいのです。

 

Googleの提供する「PageSpeed Insights」というサイトでは表示速度の改善提案を示してくれます。

でも、その方法がなかなか分からないのです。

 

おじさん
そんなに簡単に改善できたら苦労はしません

 

調べながらやっとスコアを5上げたとしても、表示が崩れてしまったり思うように改善できません。

おじさん
速くなるはずのプラグインで余計に遅くなることはザラです

 

ちなみに表示速度の高速化を外注した場合の相場を調べてみたところ、ランサーズで4万~6万程度の予算でした。

おじさん
もうちょっと安かったら頼むかも

 

AMPは?

 

最近のテーマは、サイトを簡単にAMP(Accelerated Mobile Pages)化できます。AMP対応のページは表示速度が4倍になると言われています

 

ところが、AMP化したことで表示が崩れてしまったり、プラグインが対応していなかったり、AMP化しても別の問題が発生します

 

またAMP化したページは、表示速度が速くなっても装飾が大幅にカットされます。

表示速度は速いけど、面白みのないページになってしまいます。

 

 

表示速度の改善方法

 

表示速度を改善するには、

  • 訳の分からないコードをいじる
  • プラグインを入れる
  • AMP化

の他に、

  • テーマを変える
  • レンタルサーバーを変える

という方法もあります。

 

というわけで、次の表示速度のテストを見てください。

後でテーマを変えるのは大変なので、最初のテーマ選びは重要です
うさぎ

 

テストした7つの無料テーマ

 

今回比較したのは、次の7つの無料テーマです。

おじさん
テーマはテンプレートと同じ意味ですよ

 

子テーマのあるものは、子テーマを有効にして計測しました。

 

Luxeritas

「名前はラテン語の Lux(光)と Celeritas(速)のガッチャンコ形。」と、開発者が発言するように高速表示にこだわったテーマ。開発者は女性なのでしょうか、ブログが読みやすく好感が持てます。

バージョン
  • 親テーマ3.5.7
  • 子テーマ3.0.0
Godios

フラットデザインのオシャレなテーマ。それでいて速さも追求し、一度サイトに入ってしまえばページ移動のストレスがありません。

バージョン
  • 親テーマ1.2.0
  • 子テーマ1.0.3
Cocoon

わたしがブログを始めた時、最初にお世話になったのが無料テーマ「Simplicity2」。その後継が「Cocoon」です。Simplicity2と同様にユーザーが多く、分からないことを検索しやすいです。

バージョン
  • 親テーマ1.5.1.1
  • 子テーマ0.0.5
Xeory Base

WordPressについて検索するといつも上位にいる「バズ部」。そのバズ部が開発したのが「Xeory Base」です。バズ部のサイトもこのテーマを使っているので何かと参考になります。

バージョン

・親テーマ0.2.0(子テーマ無し)

STINGER PLUS2

「STINGER PRO」「Affinger」シリースの無料版という位置づけです。当サイトはAffinger5を使用しているので、好結果を期待したいところです。しかし、最新バージョンが2017年12月と、ちょっと古めなのが気がかりです。

バージョン
  • 親テーマ20171207
  • 子テーマ20170621
Lion BLOG

速さを追求したテーマはシンプルになりがちですが、このLion BLOGは上手に両立した印象です。お問い合わせフォームや関連記事表示などがプラグイン無しで設置できるので、スピード低下のリスクを避けられます。

バージョン
  • 親テーマ2.0.0
  • 子テーマ1.2
Emanon(Free)

EmanonProの無料版。ビジネスサイトをイメージしたテーマです。ターゲットを絞ったテーマは、ターゲットをずらすと他のサイトと被りにくくなります。無料版は機能が少なく、お試し版といった印象。

バージョン
  • 親テーマ1.4.3
  • 子テーマ1.0.0

 

無料テーマのテスト条件

 

下記のような条件で各テーマの速度を計りました。

 

レンタルサーバー

 

今回、比較に使ったのは以下の3つのレンタルサーバーです。

おじさん
テーマとの相性があるかも知れないので、念のため3つのレンタルサーバーで比較しました

 

Wpx(クラウドじゃないほうの)

知名度No.1のエックスサーバーのWordPress専用のレンタルサーバー。わたしがブログを始めた時に契約したサーバーです。WordPress専用ということで管理画面が見やすいです。今から契約するなら速い「Wpxクラウド」ですが、1ドメインしか運用できないのが残念。

MixHost(クラウド・スタンダード プラン)

最新のウェブサーバー「LiteSpeed」を使用したクラウドサーバーで速さと安さがウリ。一番安いプランの月額費用はエックスサーバーとほぼ同じですが、MixHostは初期費用が不要なのがポイント。

ConoHa WING(クラウド・ベーシック)

 お名前.comを運営するGMOのレンタルサーバー。業界2位のサーバーよりも2倍速いそうで、MixHostよりも速いのかが見どころです。初期費用が不要、ベーシックは1時間当たり2円という料金体系(1ヶ月1200円が上限)で、いつから始めても損しないのがGoodですね。

おじさん
萌えるぜ

このはちゃんは13歳だから、おじさんヤバいですよ
うさぎ

 

記事と画像の量

 

記事の文字数は2000文字です。

おじさん
SEO的に2000文字以上の記事が良いとされるのでこの文字数にしました

 

画像は約1.5Mbの画像を1枚、0.4~0.5Mb画像を3枚で約2.8Mb分貼り付けました

 

テストに使用した記事

(パスワード: test)

 

この記事をコピーして、ご自身でも計測してみてください。

 

注意

計測結果は、いろいろな理由で毎回違った数値になります。

ですが、あまりにも違う場合はご連絡ください。再計測します。

 

WordPressのバージョンとプラグイン

 

WordPressのバージョン5.0に対応していないテーマもあるかも知れないので、バージョンは4.9.9を使用しました。

 

プラグインは「Akismet Anti-Spam」のみ有効にしています。

おじさん
ブログ開設すると、すぐにスパムメールが送られてくるので、これだけは有効にさせていただきました

 

 

無料テーマとレンタルサーバーのテスト結果

 

計測に使用したのは次の2つのサイトです。

 

PageSpeed Insights

Webページの読込速度を計測し、改善案を提案してくれるGoogleのサイト。モバイルとパソコンの結果を100点満点で評価してくれます。

 

GTmetrix

GoogleのPageSpeedYahooのYSlowを一度に測定できるサイト。サイトの読み込み時間やリクエスト回数も計測されます。

 

結果の見かた

左の丸いのがPageSpeed Insights の結果で、モバイルもパソコンも100点に近いほうがGoodです。

 

右はGTmetrixの結果で、上段のPerformanceScoreはGoogleのPageSpeedとYahooのYSlowをA~Fと%で評価しています。

 

下段のPageDetailsはページの読み込み時間、ページのデータ量とサーバーとのやり取りの回数を示しています。単純に「何秒で読み込んだ」と言うだけでは評価できず、どれだけのデータを何秒で読み込んだかを比較します。

 

結果でデータ量に若干のバラツキがあるのは、テーマごとにプログラムの内容が違うからです。

 

注意

どちらのサイトも毎回同じ結果にはなりません。2回計測して良い方を掲載しています。

 

Wpxのテスト結果

 

Luxeritas

 

Godios

 

Cocoon

 

Xeory Base

 

STINGER PLUS2

 

Lion BLOG

 

Emanon(Free)

 

おじさん
GTmetrixの読み込み速度がおかしいですね
秒数は参考程度にしておいたほうが良さそうですね
うさぎ

 

Wpxでの結果まとめ
PageSpeed InsightsGTmetrix
モバイルパソコンPagespeedYSlow読込速度
Luxeritas99100A(96%)B(89%)2.4s
Godios96100F(39%)C(75%)1.4s
Cocoon8099A(93%)C(71%)3.0s
Xeory Base6195A(94%)C(74%)3.9s
STINGER +27493A(94%)C(74%)1.5s
Lion BLOG99100A(92%)C(75%)1.4s
Emanon7899A(93%)C(71%)3.3s

 

ポイント

GodiosのGTmetrixの評価がFになっているのが気になり詳細を見ると、画像が大きすぎるとのこと。

なぜGodiosだけが低評価になるのかは、分かりませんでした。なにか不具合があったのかと、数回計測しましたがいずれもFでした。


他のサーバーのテストでもFになったので、何らかのバグが有るのかも知れません。

 

おじさん
その後、他のサーバーでも数回試しましたが、全て同じ結果に
Godios側になんらかの不具合があるようです
うさぎ

 

MixHostのテスト結果

 

Luxeritas

 

Godios

 

Cocoon

 

Xeory Base

 

STINGER PLUS2

 

Lion BLOG

 

Emanon(Free)

 

MixHostでの結果まとめ
PageSpeed InsightsGTmetrix
モバイルパソコンPagespeedYSlow読込速度
Luxeritas99100A(100%)A(96%)7.2s
Godios9299F(39%)A(90%)7.4s
Cocoon9398A(94%)B(83%)7.9s
Xeory Base6799A(94%)B(86%)7.4s
STINGER +29299A(93%)B(83%)7.1s
Lion BLOG9699A(96%)B(88%)6.8s
Emanon8699A(95%)B(88%)7.5s

 

おじさん
MixHostは、ナゼか読み込み時間が7秒くらいに表示されます
体感的には明らかにWpxより速いように感じるんですけどね
うさぎ

 

ConohaWingのテスト結果

 

Luxeritas

 

Godios

 

Cocoon

 

Xeory Base

 

STINGER PLUS2

 

Lion BLOG

 

Emanon(Free)

Conoha Wingでの結果まとめ
PageSpeed InsightsGTmetrix
モバイルパソコンPagespeedYSlow読込速度
Luxeritas100100A(97%)A(91%)1.7s
Godios95100F(39%)C(77%)1.8s
Cocoon95100A(94%)C(73%)1.8s
Xeory Base72100A(94%)C(76%)1.9s
STINGER+297100A(91%)C(74%)1.8s
Lion BLOG100100A(92%)C(78%)1.6s
Emanon89100A(96%)C(76%)1.7s

 

おじさん
Conoha Wingは、PageSpeed Insightsのパソコンが全て100点と言う結果に
モバイルもMixHostよりも良い結果になっていますね
うさぎ

 

速度テストの結果のまとめと考察

 

おじさん
思ったより大変だったけど、分かりやすい結果になりました
Luxeritasが群を抜いてる感じですね
うさぎ
おじさん
でも、LionBlogは機能が多めに入っている印象だから、個人的にはLionもおすすめです

 

結果まとめ
PageSpeed InsightsGTmetrix
WpxMixHostConohaWpxMixHostConoha
モバパソモバパソモバパソPsYSPsYSPsYS
Luxeritas99100991001001009689100969791
Godios96100929995100397539903977
Cocoon8099939895100937194839473
Xeory6195679972100947494869476
STINGER7493929997100947493839174
Lion991009699100100927596889278
Emanon7899869989100937195889676
 合計509587539594559600508458516526507469

 

GodiosはGTmetrixのPsが全てFですが、表示速度としては3位ということで問題ないでしょう。

 

レンタルサーバーは、PageSpeed InsightsではConoHa Wingの成績が良かったです。

 

GTmetrixではMixHostの結果が良かったですが、GTmetrixの読み込みが7秒台に表示されたのが謎です。

おじさん
PageSpeed InsightsもGTmetrixも、参考数値として活用するのが吉ですね

 

MixHostのGTmetrixの数値が正しいのかよく分からないので、Conoha Wingを最速(3つのうちで)のレンタルサーバーだと評価します

 

 

今回のテストの結論

 

最強のおすすめの組み合わせはLuxeritas×ConoHa Wing !

 

オススメの無料テーマとレンタルサーバー

 

おじさん
テーマはデザインも大事だけど、表示速度も重要ですね
初心者が表示速度を上げるのは大変だから、速いテーマとレンタルサーバーを選ぶと後で楽できますね
うさぎ
おじさん
「キャッシュがなんちゃら」とか言われてもお手あげですからね
次はレンタルサーバーの数を増やしてテストしてください
うさぎ
おじさん
たまには手伝ってよ

 

-WordPress速度改善, レンサバ速度比較

Copyright© BlogFarming , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.