WordPress速度改善 おすすめのカラフルボックス

【簡単】壊れたり重くなったWordPressのブログを無料で修復する方法!

更新日:

 

WordPressのブログは、たまに原因不明で壊れてしまったり、重くなったりすることがあります。

おじさん
たいてい、プラグイン同士が干渉するとか、自分の設定間違いが原因なんですけどね

 

バックアップで直せれば良いのですが、不具合に気づいたときには正常な状態のバックアップが無くなっていることも

 

そして、原因が分からず壊れたサイトを弄れば、さらに悪化させることもあります。

 

そこで今回は、私の修復方法を紹介します。

 

FTPとかFileZillaとかは分からないので、プラグイン「All-in-One WP Migration」とレンタルサーバー「カラフルボックス」を使って、初心者でも簡単に修復する方法です!

 

注意

今回の方法は、クローンサイトを作って元のサイトを修理する方法です。

元のサイトのファイル自体が壊れているときは、修復不可能な場合があります。

修復不可能でも、元のファイルが壊れているかどうかを知ることが出来るはずです

 

今すぐカラフルボックスを30日間無料で試してみる

【2019年6月30日まで使えるカラフルボックスの10%OFFクーポンコード7DFYDRV5

 

わたしのブログの現状

 

現状は、ブログ内の色々なところで画像が表示されないという状態です。

 

 

 

Speed Up - JavaScript To Footer」という表示速度を改善する系のプラグインが原因のようです。

 

プラグインを外しても解決しません。

おじさん
他のプラグインとの相性が悪いのかも知れません

評価すくなっ
うさぎ

 

表示速度を上げるためのプラグインは、WordPressのプログラムを書き換えるものもあります

 

このようなプラグインは外しても元に戻らないものもあるようです。

おじさん
元に戻らなくなってから得た知識です

 

 

バックアップは?

 

不具合に気づいたのが遅く、一番古いバックアップでも不具合は直りませんでした。

おじさん
基本、放置しているブログなので見てなかったです

 

 

ブログ修復の2つのプラン

 

壊れたり、重くなったブログは、クローンサイトを作って直していきます。下記のA案を実施し、ダメならB案という流れです。

おじさん
簡単なA案で直れば良いのですが

 

この方法の良いところは、元のブログを悪化させることなく、原因を突き止めたり修復したり出来ることです

 

A案

 

まず簡単に解決するパーターンのA案から。

 

壊れたブログのクローンサイトを作り、プラグインを全部外してみる方法です

 

これで直れば、壊れたブログもプラグインを全部外せば直るということです。

おじさん
これだけで済めば楽ですね

 

 

B案

 

プラグインを外すだけで直らない場合は、B案です。

 

まず、「壊れたブログ」からデータ(記事関連やテーマの設定など)とメディア(画像)だけをダウンロードします。それをまっさらな「新しいブログ」にインポートします。

 

要はWordPressとテーマを初期化して、そこに記事と画像を入れる流れです。

 

きちんと表示されるのを確認したら、壊れたブログに「新しいブログ」の情報をまるまるインポートします。

手間はかかるけど、まっさらな状態に戻るのが良いですね
うさぎ

 

 

実際の修正の過程 A案

 

今回は、カラフルボックスの30日間無料期間に作業を済ませるため、クローンはサブドメインに作ります。

おじさん
もちろん、独自ドメインでもOKです

 

ここで言うサブドメインは、 カラフルボックスのユーザー登録をしたときに設定されるオマケみたいなドメインです。初期ドメインとも言います。

 

このサブドメインで ブログを運用していくのはダメなんですが、クローンサイトを作るには十分です。

 

 

サブドメインのクローン化

 

サブドメインでクローンサイトを作る方法は、次の3ステップです。

  1. サブドメインにWordPressをインストール
  2. 「壊れたブログ」のバックアップデータを取る
  3. バックアップデータをクローンにインポート

 

クローンの作成には、バックアップを別のドメインに簡単にインポートできるプラグイン「All-in-One WP Migration」を使います。

おじさん
他のバックアップ系プラグインは、違うドメインにインポートするのは少々手間がかかります
All-in-One WP Migrationは設定も知識も不要なのがいいですね
うさぎ

 

そして、サーバーは大量のデータ(2GB)でもインポートできるカラフルボックスの無料お試し期間を利用します。

今回のデータは800MBだから、カラフルボックスじゃないと無料でインポートは不可能ですね
うさぎ

 

今すぐカラフルボックスを30日間無料で試してみる

【2019年6月30日まで使えるカラフルボックスの10%OFFクーポンコード7DFYDRV5

 

サブドメインにWordPressをインストール

 

サブドメインは、カラフルボックスの ユーザー登録をしたときに作成しました

 

そのサブドメインにWordPressをインストールしていきます。

 

カラフルボックスの cPanelに入り、下の方にある「Web Applications」の「WordPress」をクリックします。

 

画面右にある「このアプリケーションをインストール」をクリックします。

 

その下に「ドメイン」の項目が現れるので右にある下矢印をクリックします。

 

その中にサブドメイン「〇〇〇〇.cfbx.jp」があるので、元となるサイトと同じ型ものを選びます。

 

私のサイトは「https://~」「wwwあり」なので「https://www.testoyou.cfbx.jp/」を選択しました。

おじさん
同じ型を選ぶ必要は無いのかも知れませんが、あとでエラーになるリスクを極力減らすためです

 

次に、WordPressのバージョンを元のサイトと同じものを選びます。

おじさん
クローンは、元のサイトに合わせれるものは合わせるのが基本です

 

 

その他は、デフォルトのままでOKです。気になる方は ドメインにWordPressをインストールする方法を参考にしてみてください。

 

壊れたブログのバックアップデータを取る

 

次に、元のブログにプラグイン 「All-in-One WP Migration」をインストールし、有効化します。

 

有効化したら、WordPressのメニューから「All-in-One WP Migration」→「エクスポート」をクリックします。

 

今回は不具合の修理が目的のため、高度な設定はそのままにしてエクスポートします。

 

エクスポート先」をクリックし、「ファイル」を選択します(「ファイル」以外は有料版でしか使えません)。

 

 

ダウンロードの準備ができると「DOWNLOAD ドメイン名」と表示されます。クリックするとダウンロードが始まります。

 

 

バックアップデータをクローンにインポート

 

クローンのWordPressにもプラグイン 「All-in-One WP Migration」をインストールし、有効化します。

 

続いて、WordPressのメニューから「All-in-One WP Migration」→「インポート」をクリックします。

 

バックアップを復元すると、パスワードも元のサイトのものに変わります。

元のサイトのパスワードを確認し、念のため cPanelからログインする方法を確認してからインポートしてください。

 

 

インポートが完了したらメッセージが表示されます。

 

指示に従って、パーマリンクの「変更の保存」を2回実行します。(内容の変更は必要ありません。ボタンを2回クリックすればOKです)

 

これで、クローンサイトの完成です。

 

ただし、このままだと記事が2重投稿になっています。

 

全ての記事を「下書き」または「非公開」にして、検索されないようにします。 クローンの記事を下書きに変更する方法

 

プラグインの停止・解決

 

クローンサイトが出来たので、プラグインを全て停止してみます

これで直れば、不具合の原因がプラグインだと決定します。

 

次はプラグインを一つずつ有効にして、どのプラグインが原因か追求します。

 

電気のスイッチをオン・オフするように、何が原因か分かるはずです。

原因が分かったら、「壊れたブログ」もそのプラグインを削除して問題解決となります。

 

おじさん
わたしのサイトは解決しなかったので、B案に進みます

 

 

 

実際の修正の過程 B案

 

B案は、WordPressにテーマを入れただけの「まっさらなブログ」に記事関連と画像関連のデータだけを引越しします。

 

手順は、

  1. A案で使ったクローンのWordPressを初期化
  2. 元のサイトと同じテーマのインストールする
  3. 元のサイトから記事と画像をエクスポート
  4. 新しいサイトへインポートして問題ないか確認
  5. 問題なければ、新しいサイトのデータを元のサイトにインポート

という流れです。

 

張り切っていってみよー
うさぎ

 

WordPressの初期化

 

A案のデータが残っているといけないので、念のためWordPressを初期化します。この手順は必須では無いので、不要な方は飛ばしてもOKです。

 

カラフルボックスのcPanelにログインし、「Web Applications」→「マイアプリケーション」から、A案で使ったクローンサイトをクリックします。

 

右側にある「×」マークをクリックするとWordPressがアンインストールされます。

 

アンインストール後、上記の手順で再度WordPressをインストールします。

 

WordPressのテーマのインストール

 

元のブログと同じWordPressのテーマをインストールします。

 

テーマのバージョンが違うと別の不具合が起こる可能性があります。テーマをインストール後、バージョンの確認をしてください。

 

バージョンは、「外観」→「テーマ」→親テーマをクリックすれば記載されています。

 

今回はクローンサイトが4.6.2、元のサイトが4.6.3なので、クローンサイトのバージョンをアップしました。

最新バージョンに合せるのが簡単ですね
うさぎ

 

続いて、プラグイン「All-in-One WP Migration」をインストールしたら、「新しいブログ」の準備は完了です。

 

記事と画像のエクスポート

 

続いて、元のブログのデータベース(記事関連)とメディアライブラリ(画像)だけをエクスポートします。

 

「All-in-One WP Migration」のエクスポート画面を開き、「高度なオプション」をクリックします。

 

「メディアライブラリをエクスポートしない (ファイル)」と「データベースをエクスポートしない (SQL)」以外、全てにチェックを入れます。

 

そして「エクスポート先」ボタンを押して「ファイル」選択してダウンロードします。

 

新しいサイトへインポート

 

エクスポートしたファイルをA案と同様に「新しいブログ」にインポートします

 

これで新しいブログに記事と画像だけが入った状態になります。

パーマリンクの2回押しも忘れないでください
うさぎ

 

この時点で不具合が無ければ、問題解決となります。問題が解決しない場合は、この方法では修理できないということになります。

おじさん
残るはテーマ自体の不具合か、データファイルが壊れているか、ですかね

 

あとは手動になりますが、

必要なプラグインをインストールし、設定する

元のブログでheadタグやCSSでカスタマイズしたコードは、コピペで新しいブログに貼り付ける

Google AnalyticsSearch Consoleを設定する

などを忘れないようにしてください。

 

様々な設定が終わった状態をまるまる全部エクスポートし、壊れたブログにインポートすれば、不具合の無い状態に戻るはずです。

 

わたしのブログも、ちゃんと表示されるようになりました!

おじさん
めでたしめでたし

 

メモ

直ったと思っても、別の不具合が出ることがあります。

今回作ったバックアップは、必ず保管しておきましょう。

 

まとめ

 

今回は、クローンサイトを作ってブログの不具合を修正する方法を紹介しました。

 

この方法の良いところは、失敗しても元のブログには全く影響が無いことです。

 

しかも、カラフルボックスの無料お試し期間は30日間と長いので、時間に追われることもないでしょう。

 

ぜひ一度お試しください!

 

今すぐカラフルボックスを30日間無料で試してみる

【2019年6月30日まで使えるカラフルボックスの10%OFFクーポンコード7DFYDRV5

 

 

 

 

-WordPress速度改善, おすすめのカラフルボックス

Copyright© BlogFarming , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.