リトルサーバーの登録から解約まで!WordPressのインストールも!

2月 16, 2019

 

今回は「速い・安い・簡単」の三拍子揃ったリトルサーバーの

  • 登録方法
  • WordPressのインストール
  • 解約方法

を紹介します。

WordPressのインストールは、ホントに簡単でした!
うさぎ

 

そして、お得な契約の仕方も紹介します!

おじさん
最大50日分が無料に!

20日間の無料お試しはクレジットカード不要で申し込めるので、ぜひ一度使ってみてください。

 

[st_af name=”little_20niti”]

 

ネームサーバーの設定

 

ネームサーバーは、「〇〇〇〇.com」というドメインがどこのサーバーで使われているのかを示す住所のようなものです

 

郵便局に自分の住所を登録するようなイメージですね。

 

家を引越し、住所変更しても元の住所に郵便物が届くのと同じ様に、ネームサーバーは設定してもすぐには反映されません

住所変更が終わらないと、WordPressのインストールまでに数時間待たなければいけないことも。

 

なので、使用するドメインが決まっている場合はネームサーバーを先に設定しておきます

 

独自ドメインと提供ドメイン

 

ここで、リトルサーバーで無料で使える「提供ドメイン」について説明しておきます。

 

提供ドメインとは「初期ドメイン」と同じ意味で、リトルサーバーだけで使えるドメインです。

つまり、提供ドメインは引越しすることが出来ないので、もしサーバーを変えたくなったときにはドメインを変更しなければいけません。

 

他にも、Googleのアドセンスの審査に通らない等の制約があります。

 

一方、ドメイン販売業者で購入したドメインは「独自ドメイン」と言って、どこのサーバーでも移転できます。

 

もちろん、提供ドメインの活用方法はあるのですが、デメリットを知らずにブログを運営している方が多くいます。

提供ドメインはデメリットをよく理解して活用してください
うさぎ

 

設定方法

 

話を戻して、独自ドメインのネームサーバーは、ドメイン管理業者で設定します。

普通、ドメインは「お名前.com」や「ムームードメイン」などドメイン販売業者で取得し、その販売業者がドメインの管理もしています

 

「お名前.com」を例にすると、ネームサーバーの変更は「お名前.com Navi」というページで行ないます。

 

「お名前.com Navi」にログインしたら、リトルサーバーで使いたいドメインを選択し、下記のネームサーバーを入力します。

ネームサーバー1:ns1.lsv.jp

ネームサーバー2:ns2.lsv.jp

おじさん
ネームサーバーは「どこのサーバーを使うか」を届け出るので、リトルサーバーの利用者は全員同じネームサーバーです

 

確認ボタンを押して、ネームサーバーの設定は完了です。

他の業者も同じような流れになります。

やり方が分からないときは「業者名 ネームサーバー」で検索してみてください
うさぎ

 

リトルサーバーの申込み

 

ネームサーバーの設定が終わったら、リトルサーバーの申込みをします。

 

リトルサーバーのホームページの左側メニューにある「無料お試しお申込み」ボタンをクリックします。

 

次のページの注意事項をよく読み、一番下の「はい」を押します。

 

登録フォームに必要事項を入力し、送信ボタンを押します。

[st-cmemo fontawesome=”fas fa-exclamation-circle fa-2x faa-ring animated” iconcolor=”#ef5350″ bgcolor=”#ffebee” color=”#000000″ iconsize=”100″]

ここで登録するユーザーIDとパスワードは、リトルサーバーのコントロールパネルにログインするためのものです。

後でもう一つ登録するパスワードは、WordPressにログインするためのものです。

[/st-cmemo]

 

すると、「お申し込み受付」という件名のメールが届きます。

そのメールの中に認証用アドレスがあるので、クリックします。

 

これでお試し期間が始まりました。

 

[st_af name=”little_20niti”]

 

コントロールパネルにログイン

 

お試し期間を始めたら、コントロールパネルで独自ドメインの登録、WordPressのインストールなどを行います。

 

コントロールパネルに入るには、まず左側メーニューの一番下にある「コンパネログイン」をクリックします。

 

上の登録フォームで決めた「ユーザーID」と「パスワード」を入力し、「ログイン」ボタンをクリックしてログイン完了です。

 

独自ドメインの登録

 

続いて、初めにネームサーバーを設定した独自ドメインを登録します。

 

コントロールパネルの「ドメイン設定」をクリックします。

 

ドメイン設定の欄に登録したいドメインを入力し、「ドメインを追加する」をクリックします。

 

登録済みドメイン」に独自ドメインが追加されたのを確認してください。

 

SSL設定

 

次に独自ドメインをSSLの設定をします。

 

SSLとは暗号化した通信技術のことで、URLが「https://~」とsが付きます。

SSLを設定していないと、インターネット上で個人情報が盗み見されてしまう可能性があります。

そのためSSL化していないサイトを開くと、「保護されていない通信」と表示されます。

 

GoogleもSSL化したサイトを検索順位で優遇することを公表しているので、SSL化はもはや常識と言えます。

 

リトルサーバーでは、SNI(リトルとビッグのみ)とLet’s Encryptの2種類のSSLがあります。

SNIは証明書の提出が必要です
うさぎ

 

たいていのブログはLet’s EncryptでOKです。

おじさん
2つの違いは、暗号の強さではなく信頼度の高さだけです

 

サーバーのSSLの設定方法

 

コントロールパネルの左側メニューの「Let’s Encrypt」をクリックし、追加した独自ドメインの右にある「申請」をクリックします。

※提供ドメインや初期ドメインはここではSSL化できません。

サーバー側のSSL化は、これで完了です。

WordPressにログインした後で、少しだけ設定します。

 

[st-midasibox title=”メモ” fontawesome=”fas fa-edit faa-float animated” bordercolor=”#fac648″ color=”” bgcolor=”#fdf0d1″ borderwidth=”” borderradius=”5″ titleweight=”bold”]

SSL化はブログ公開後でも出来ます。

 

ただし、それまで「http://~」で運用しているので「https://~」に変わるということは住所変更と同じ扱いになります。

具体的には、「301リダイレクト」という手法で「http://~」の訪問者を「https://~」に移動させる設定をします。

 

SSLを最初に設定しておくのが一番カンタンなので、忘れずに設定してください。

[/st-midasibox]

 

WordPressのインストール

 

いよいよWordPressをインストールしていきます。

 

ここでは、リトルサーバーの「超かんたんインストール」を使います。

「MySQLの設定をしたい」などの事情があるときは、もう一つのインストール方法を利用してください。

 

コントロールパネルの各種設定にある「簡単インストール」をクリックし、「WordPress超かんたんインストール」の右にある「インストール」ボタンをクリックします。

 

項目は次のように入力してください。

インストール先:登録した独自ドメインを選択します

サイト名:自分のブログのタイトルを入力してください

ユーザー名:WordPressのユーザー名を決めてください

パスワード:WordPressのパスワードを決めてください

メールアドレス:WordPressの通知を受け取るアドレスを入力してください

 

ここまでで、コントロールパネル用WordPress用2つのユーザー名とパスワードを設定しました。

間違えないように管理しましょう。

 

入力が完了したら、「かんたんインストール!」のボタンを押します。

 

これでインストールは完了です。

[st-cmemo fontawesome=”fas fa-exclamation-circle fa-2x faa-ring animated” iconcolor=”#ef5350″ bgcolor=”#ffebee” color=”#000000″ iconsize=”100″]

WordPressには「ログインページ」のリンクから入れますが、URLが「http://ドメイン名/wp/wp-admin/」になっています。

 

SSLを設定しているはずなので、「https://~」のように「s」を入れてログインページを開いてください。

[/st-cmemo]

おじさん
ログインページはブックマークしておきましょう

 

WordPressのSSLの設定方法

 

次に、WordPressのログインページだけでなく、作成した記事も「https://~」のURLにする必要があります。

 

WordPressのメニュー「設定」→「一般」の順にクリックします。

 

WordPress アドレス (URL)」と「サイトアドレス (URL)」の「http://~」を「https://~」に変更し、「変更を保存」ボタンを押します。

 

記事のパーマリンクが「https://~」になっていたら完了です。

 

 

リトルサーバーの契約(本登録)

 

無料お試し期間後もリトルサーバーを継続して使用したい場合は、契約(本登録)をする必要があります。

 

[st-cmemo fontawesome=”fas fa-exclamation-circle fa-2x faa-ring animated” iconcolor=”#ef5350″ bgcolor=”#ffebee” color=”#000000″ iconsize=”100″]

契約は、無料で試用したプランを継続する形になります。

プランを変更したいときは、別プランの無料お試しを申し込んでから契約してください。

[/st-cmemo]

 

お得な契約

 

あまり大々的に告知されてませんが、リトルサーバーは契約をした月の利用料は無料です

これは6ヶ月契約でも12ヶ月契約でも有効です。

 

つまり、お試しの20日間と契約した月の無料で、最大約50日間の無料期間があるのです

 

もともとの月額料金が安いので、めちゃくちゃお得という感じでは無いですが、知っておいて損は無いでしょう。

このことを大々的に宣伝しないのが謙虚ですね
うさぎ
おじさん
わたしなら、トップページにデカデカと書いてしまいます

 

契約方法

 

契約はコントローリパネルにログインし、左側メニューの「ご契約内容」をクリックし、「ご契約(ご入金)」をクリックします。

 

次に支払い方法を選択します。

支払い方法はクレジットカード銀行振込が選べます。

ここでは、クレジットカードを選択します。

 

契約期間を6ヶ月12ヶ月か選んで、「選択」ボタンを押します。

 

合計金額を確認し、「決済」ボタンを押します。

 

カード情報を入力し、「入力確認」ボタンを押します。

 

入力内容を確認し、「確定」ボタンを押したら契約完了です。

頑張って記事を書いていきましょう!
うさぎ

 

リトルサーバーの解約

 

オススメ度が非常に高いリトルサーバーですが、サービスが合わない方もいるでしょう。

契約状況によって異なる解約方法を解説します。

 

お試し期間中の解約

 

お試し期間中に解約したい場合は、本登録をしなければ期限が来たら自動的に解約となります

 

最初に支払方法の登録をしないので、自動で課金が始まることはありません

 

契約後の解約

 

契約した後は、コントロールパネルの左側メニュー「ご契約内容」→「ご解約」ボタンから解約します。

 

注意書きをよく読み、パスワード入力し「送信ボタン」をクリックします。

[st-cmemo fontawesome=”fas fa-exclamation-circle fa-2x faa-ring animated” iconcolor=”#ef5350″ bgcolor=”#ffebee” color=”#000000″ iconsize=”100″]

この解約は、契約期間の残りがあっても即時解約となります。

残り期間分の返金はありません。

[/st-cmemo]

 

 

まとめ

 

今回は、

  • リトルサーバーの登録
  • WordPressのインストール
  • 解約方法

を紹介しました。

 

リトルサーバーの料金設定は良心的で、速度を考えると非常にコスパが良いサーバーです

また、WordPressの超簡単インストールは、どのレンタルサーバーよりも簡単です。

そして、コントロールパネルは簡素すぎるほどスッキリしていて非常に使いやすいです。

 

お試し期間は20日間と長いので、ぜひ一度使ってみてください!

[st_af name=”little_20niti”]

 

ブログはテーマでも速くなります
[st_af name=”thor_kijisita_big”]
[st_af name=”sokudotest_rink”]