プラグインを削除せず、重いページを改善!Plugin Load Filter

7月 24, 2019

前回は、プラグインP3(Plugin Performance Profiler)を使って重いプラグインを探し出し、不要な「All in one Seo Pack」と「JetPack」を削除しました。

一方、「Contact Form 7」や「EWWW Image Optimizer」のように、重くても必要なプラグインもありました。

そもそもWordPressが重くなるのは、どのページを開いても全てのプラグインを読み込むからです。

そこで今回は、プラグイン「Plugin Load Filter」を使って、必要なプラグインだけを読み込むように設定していきます。

プラグインを必要なときだけ読み込む方法

訪問者がブログのある1ページを開いた時、WordPressは有効化されているプラグインを全て読み込んでいます。

例えば「Contact Form 7」は、お問い合わせページだけ必要ですが、全てのページで読み込まれています。

また「EWWW Image Optimizer」は記事を書くときに画像の圧縮は済んでいるのに、毎度呼び出されています。

他にもバックアップのプラグインも記事を閲覧するときには不要でしょう。

このようなプラグインの読み込みを必要なページだけに限定するのが、プラグイン「Plugin Load Filter」です。

Plugin Load Filterのインストール

「Plugin Load Filter」は、WordPressのメニューの「プラグイン」→「新規追加」→検索窓に「Plugin Load Filter」と入力してインストールします。

プラグインのインストール方法は、こちらの記事を参考にしてみてください。

Plugin Load Filterの設定

設定は、WordPressのメニューの「プラグイン」→「Plugin Load Filter」の順にクリックして行います。

一見すると設定項目が多そうですが、基本的には「PageTypeフィルタ」だけ設定すればOKです。

エキスパート用URLフィルタ」は、下で説明するエラー以外はそのままでOKです。

3種類のPageTypeフィルタ

PageTypeフィルタ」では、有効化されているプラグインを下記の3種類に分類します。

 Normal Mode

 Admin Page

 Page Type

Normal Mode

Normal Modeは、ユーザーが見る画面でもWordPressの管理画面でも使うプラグインです。

逆に言うと、「Admin Page」と「Page Type」に属さないプラグインは全てここに入ります

Normal Modeは「今まで通り」という意味なので、よく分からないプラグインは、ここにしておけば問題ないです。

Admin Page

WordPressの管理画面や記事作成でのみ使うプラグインはここに入ります。

バックアップ、画像圧縮、記事作成時短系のプラグインなどがここに該当します。

 AddQuicktag

 EWWW Image Optimizer

 TinyMCE Advanced

など

Admin Pageに該当しないもの

ショートコード系のプラグインは記事作成時短系のように思われるかもしれませんが、ページ表示でも動いているのでNormal Modeにしておいてください。

また、セキュリティ系のプラグインはWordPressのログインの他、記事のコメント欄でも動いている場合が多いです。

Page Type

特定のページだけで使うプラグインはここに分類されます。

おじさん
この設定がサイトを速くするカギになります

 お問い合わせページだけで使うプラグイン「Contact Form 7

 HTMLサイトマップのページだけで使うプラグイン「PS Auto Sitemap

 特定のページだけコピペ禁止にする「WP-CopyProtect

 特定のページだけソースコードを表示する「Crayon Syntax Highlighter

など。

プラグインを3つに分類し終わったら、一番下の「フィルター登録」を押して完了です。

投稿ページの設定

Page Type」にしたプラグインは、まず全て「使用しない」に設定されます。

必要な記事だけ、投稿ページで「使用する」をチェックし、使いたいプラグインにチェックマークを入れてください。

特別な事情が無い限り、パソコンもモバイルも両方有効にしてください
うさぎ

Page Typeフィルタ有効プラグイン選択

Page Typeに登録したプラグインは、「Page Typeフィルタ有効プラグイン選択」で、さらに細かく設定できます。

おじさん
ここまで細かく設定する場面が思いつかなかったので、この説明は割愛します
たいていの場合、Page Typeはページごとに管理するだけで大丈夫です
うさぎ

Contact Form 7のエラー

Contact Form 7」 をPage Typeにすると、エラーが発生することがあるようです。

そんなときは、「エキスパート用URLフィルタ」にある「REST API 」のオンとオフを試してみてください。

改善結果

プラグインを必要なページだけ読み込むようにした結果、表示速度は下のように改善されました。

おじさん
画像の多いページだから、プラグインではここまでって感じですね
プラグイン以外の対策もしていきましょう
うさぎ

まとめ

これまではプラグインを「入れるか外すか」の2択しかありませんでした。

でも、「Plugin Load Filter」を導入して、「重いプラグインでも必要なページだけ使う」という選択肢が増えました。

もちろん、不要なプラグインは削除しなければいけませんが、必要なプラグインを「遅くなるから」という理由で外すことは減るのでは無いでしょうか。

ぜひ一度試してみてください!

プラグインの記事一覧