BlogFarming

ブログを育てる、ブログファーミン!

論理的な文章の書き方

【ブログ記事】論理的な文章を書くには下書きが重要!

投稿日:

 

こんにちは!おじさんです。

 

論理的な文章の書き方をネットで調べると必ず書いてあることがあります。それは下書きを書くこと。

 

今回は、2019年6月10日に届いた勝間和代さんのメールマガジンに掲載されていたコラムで、下書きの重要さを紹介します!

勝間和代さんのオフィシャルメールマガジンはこちら

 

勝間和代さんのメールマガジンを題材にする理由はこちらの記事で

 




 

2019年6月10日のメルマガのコラム

 

紹介するコラムの背景を簡単に説明しておきます。

 

このコラムは、勝間和代さんの無料メルマガに掲載されています。

 

『勝間塾』の塾生さんが書いているので、文章の意図は次のようになります。

『勝間塾』の素晴らしさを無料メルマガ読者に伝える

有料の『勝間塾』または『サポートメール会員』を体験してもらいたい

メルマガにある申込みボタンをクリックしてもらいたい

 

では、一度読んでみてください!

「ドリームキラーのいない世界で、新しいチャレンジを続けられる
(みほこ 東京都在住 40代会社員)

 

昨年の5月末に入塾してちょうど10ヶ月が経ちました。入塾して、今までできなかったことが次々とできた私の今の気持ちは、「もっと早く入塾しておけば良かった」の一言につきます。

 

入塾してできたことで一番大きいのは、なんと言っても49歳女性三人の子持ちでありながら転職できたことです。それまで勤めていた会社は、新卒で入社した勤続26年の会社でした。色々不満もありながら、今まで三人の子育てをしながら働かせてくれたんだから、と何とか自分をなだめながら働いてきた部分もありました。

 

入塾して1ヶ月後の6月末に最初に参加したイベントは、ストレングスファインダーの入門セミナーでした。そこで会った塾生の方に、仕事の話をして、自分のやりたい事が遅々として進まない組織にいる話をすると「転職すれば良いじゃない?エージェント紹介してあげる」と言われました。その塾生に紹介してもらったエージェントの人が私のキャリアに合ったエージェントをまた紹介してくれました。転職活動を開始して、1ヶ月で内定をもらうことができました。それも年収大幅アップ、通勤時間短縮、入社時期は長く働いた会社で12月にボーナスもらってから1月入社でOKというこれ以上ないという条件でした。

 

高校生二人、小学生一人、3年前に独立起業した夫。子供たちの教育費は私が稼がなくちゃと躍起になっていました。経済的にも余裕が無く、会社が移転して片道2時間もかかる通勤時間の中、家事時間を短縮する為に家電を購入するという発想は全くありませんでした。そして夫は起業してサラリーマン時代よりも夫の家事分担の時間は減っていました。

 

そんな中入塾して、1ヶ月後には、食洗機を購入。半年でホットクックを購入しました。食事作りに関わる家事は、短縮できないと思い込んでいた自分に気づきました。家事家電を購入してできた余裕の時間を使って更に色々な事が出来るようになりました。

 

勝間塾では、やっていないと塾長に事ある毎に「まだやっていない人がいます」と言われる携帯電話の格安SIMへの移行と、ドルコスト平均法も始める事ができました。いずれも、塾生の方で詳しい方がいらっしゃって、教えてくださる機会がイベントで設けられているのです。一度で分からなくても、質問すれば何度でも優しく教えてくださいます。

 

入塾がきっかけで今年1月には、転職先で働き始め、収入が1.5倍に増え、携帯代が半分以下になり、ドルコスト平均法で投資を始められました。通勤時間が半分に削減され、そして家事家電の導入で自分自身に沢山の余裕(勝間塾ではスラックと呼びます)ができました。子育てしながら負のスパイラルに入ってしまっていた私がそこから抜ける事ができたのです。

 

勝間塾では、自分の思い込みが次々と外されていく事を実感しました。長く続けてきたことを辞める事は良くないことと刷り込まれてしまっていた自分にも気づきました。その最たるものが仕事でした。世の中の変化が激しい今の時代に新しい事をどんどん試さないでいること自体がリスクです。新しいことをどんどん試して、変わっていく自分。そういう自分を楽しめるようになりました。

 

今年50歳になる私は、50代を恐れていました。子供の教育費は最もかかり、親の介護が始まり、自分の老後の心配も高まる。不安でいっぱいでした。でももう、そんな事はありません。一度はチャレンジしてみたい外資系で働くという目標達成の為に、英語の職務経歴書も塾生の方に教えてもらいながら準備できました。まだ入社して3ヶ月の会社ですが、何かあれば、次に行ける準備もしてあるのです。

 

入塾してから半年後には、私自身が網膜剥離にかかってしまったり、つい最近では一人暮らしの母親の遠距離介護も始まってしまいました。でもそんな落ち込んでしまうような時にも勝間塾の皆さんは一緒に心配してくれ、そして誰かに相談すれば必ず不安は取り除かれました。網膜剥離の時には入院中に投稿したら、塾長自ら心配してコメントをくださいました。

 

「ドリームキラーのいない世界で、新しいチャレンジを続けられる

勝間塾はそういう場所です。

 

勝間和代さんのオフィシャルメールマガジンはこちら

 

気になるところをメモメモ

 

今回のコラムは、アラフィフ・みほこさんのサクセスストーリーがよく分かりました!

 

でも、気になるところがいくつかありますよね?

 

まずはご自分で、どこに違和感を感じるかをメモしてみてください。

 

 

文章の気になるところ

 

文章を読んで、僕が気になったところを2つ挙げます。まだ僕も文章の勉強中なので、他に気になったところがあったらコメントから教えてください!

 

タイトルと内容の不一致

 

気づいたことの1つめ。

 

「タイトルと内容の不一致」は別の記事で紹介しましたが、今回もイマイチ合っていません。

 

タイトル「ドリームキラーのいない世界で、新しいチャレンジを続けられる」なのに、ドリームキラーのことが一つも書かれていないんですよねー

 

これだと「ゾンビのいない世界」でも「悪魔のいない世界」でもなんでもOKになってしまいます。

 

(たぶん)下書きのない文章

 

気づいたことの2つめです。

 

みほこさんの文章は、色々なことが絡み合っているので分かりにくく感じます。時系列も乱れていて、読者はいつの話なのか考えながら読まないといけません。

 

たとえば、転職の話が終わったら突然家電の話に移り、そのあと再び転職で収入が増えた話に。そして「長く続けてきたことを辞める事は良くない」と、また転職の話に戻っています。

おじさん
こういう文章は、僕もよく書いてしまいます

 

他人の文章は文脈のおかしさが分かるのですが、自分の書いた文章は分かりにくいです。自分の頭の中では文章のゴールが見えているので、道筋がちゃんとしているように見えるんですよね。

 

こういう文章の原因は、下書き無しでいきなり書いてしまうことです

 

みほこさんに確認したわけでは無いですが、99%下書きを書いていないはずです。

 

 

下書きを書いてみる

 

では今回の文章を元に、下書きを書いてみます。

 

本当は、話をあちこちさせるよりも転職の話だけで書くのが良いと思います。しかし今回はあえて3段落構成にしてみました。

 

第1段落のテーマ転職(仕事の悩み)
願望26年勤めた会社を辞めたい
障害49歳であること
3人の子供
お世話になった会社への背徳感
解決方法勝間塾の塾生にエージェントを紹介される
結果すんなり転職できた
収入が1.5倍に増えた

 

第2段落のテーマ時短(時間の悩み)
願望家事の時間を減らしたい
障害通勤に片道2時間
夫が起業し、家事分担が自分に
日々の生活に追われ、負のスパイラル
解決方法勝間塾で食洗機とホットクックを知る
結果時間に沢山の余裕
投資を考える時間ができた

 

第3段落のテーマ健康(将来の悩み)
願望将来の不安を解消したい
障害子供の教育費
親の遠距離介護
自分の網膜剥離
解決方法塾長と塾生の応援
結果次の転職の準備
前向きな仲間に相談し、不安は解消

 

こうやって下書きを書くことで、頭の中が整理されるはずです。

 

たとえば、転職は通勤時間が減り時短にも貢献しています。でも、整理することによって時短のところに転職のことを書くのは難しいと分かります。また、格安SIMの話は今回のコラムでは不要な話だということも分かるでしょう。

 

そして、前回の記事で書いたような「Whyが足りない」とか、文字数の配分とかも見えてきます。

 

慣れないと下書きを書くことは面倒です。でも、文章が分かりやすくなり、結果的に執筆時間も短縮できます。

急がば回れ
うさぎ

 

まとめ

 

みほこさんの文章は、同年代の女性に勇気を与えると思います。

 

でも、下書きを書いて文章を整理すれば、もっと良くなることがご理解いただければ幸いです!

 

僕も偉そうなことを言える立場ではなく、いつも迷走しながら文章を書いています。なので、今後も他の人の文章を読んで、自分の文章を改善していこうと思います!

 

おじさん
まずは勝間和代さんの無料メルマガをチェックしてみてください

勝間和代さんのオフィシャルメールマガジンはこちら

 

勝間塾の塾生であり国語教師でもある松嶋有香さんの本は、私のバイブルです
うさぎ


大人の文章添削: 20人のコラム 公開処刑しました

-論理的な文章の書き方

Copyright© BlogFarming , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.