BlogFarming

ブログを育てる、ブログファーミン!

論理的な文章の書き方

【ブログ記事】論理的な文章の書き方。タイトルと本文の内容の一致!

投稿日:

前回のブログで、自分の文章の良し悪しは分かりにくいけれど、他人の文章の悪いところは分かりやすいことをお伝えしました。

 

今回は、2019年6月7日に届いた勝間和代さんのオフィシャルメールマガジンに掲載されていたコラムを見ていきます!

勝間和代さんのオフィシャルメールマガジンはこちら

 




 

2019年6月7日のメルマガのコラム

 

紹介するコラムの背景を簡単に説明しておきます。

 

このコラムは、勝間和代さんの無料メルマガに掲載されています。

 

『勝間塾』の塾生さんが書いているので、文章の意図は次のようになります。

『勝間塾』の素晴らしさを無料メルマガ読者に伝える

有料の『勝間塾』または『サポートメール会員』を体験してもらいたい

メルマガにある申込みボタンをクリックしてもらいたい

 

では、一度読んでみてください!

---------------------------
塾生コラム・勝間塾に入ってできたこと
---------------------------
「『できなかったこと』が『できるようになる』勝間塾」
(やっち☆ 埼玉県 40代 会社員・ストレングスコーチ)

 

みなさんは自分が何も特技がないし何もできない、起業なんて考えたことないし、何をどうしてよいかわからないし、と思っていませんか。

 

私も数年前までそのような人のひとりでした。
特に自分でやりたいことがあったわけではないですが、勝間塾に入って色々なイベントに参加したり、月例会に参加したりすることで色々な情報を知ることができ、自分の思考や行動が変化していきました。

 

今まで漠然と自分の強みは「人に関すること」であることは自覚していましたが、勝間塾の共通言語であるストレングスファインダー(R)に興味を持ち、「これを使って人の役に立ちたい!」と思い、ストレングスの世界に足を踏み入れました。

 

これは、今まで企業の中でいつも減点法の評価しかできない組織に所属していた自分にとって、強みにフォーカスすることでどれだけパフォーマンスが向上し、成果が出せるようになるのかを目の当たりにしたことは衝撃でした。

 

今ではストレングスを使ったコーチングだけでなく、仕事やプライベートに至るまでコミュニケーションの役にたってくれています。
ストレングスラボでは、ストレングスのプロがわかりやすく教えてくれます。
私ももちろん参加しています。
http://krs.bz/katsumaweb/c?c=106256&m=175354&v=097fffd3

 

そして、もうひとつ大切な仲間と出会うことができました。この仲間たちと「ゆるふく」(副収入を目指す!ゆるく稼ごうの会)を立ち上げました。
このイベントは「副業」ではなく、「複業」(複数のお財布を持つ)を目指して活動を応援するイベントでした。
このイベントに参加してくださった中には、この会をきっかけに起業された方も少なくありません。
多くの会で実際に起業してきた社長の話は面白く、人々を魅了しやる気にさせる素敵なお話ばかりでした。

 

2019年3月にもスポットでイベントを開催しましたが、1年開催していなかったにも関わらず、60名近い方々が参加してくださいました。

 

その「ゆるふく」の仲間で立ち上げたのが「Letters」というブログサイト。
色々な強みを持ったひとがそれぞれのアイディアで書いてくれています。
http://krs.bz/katsumaweb/c?c=106257&m=175354&v=ee625944

 

この他にも勝間さんが直接料理を教えてくれたおかげで、料理の幅がぐっと広がりましたし、今まで株の投資なんて興味もなかったですが、資産形成のためにドルコスト法を始めたりしています。

 

自分が勝手に「できない」と思っていただけで、ヒントやチャンスはそこら中に転がっていて、自分がその種を拾い育てるか育てないかです。
そして、育てるために一緒に走ってくれる伴奏者が沢山いる。

 

それが、「勝間塾」です。

 

みなさんも人生100年時代。素敵に送っていきませんか?

 

ブログも始めました!
http://krs.bz/katsumaweb/c?c=106258&m=175354&v=63880fde

 

勝間和代さんのオフィシャルメールマガジンはこちら

 

気になるところをメモメモ

 

やっち☆さんのコラムは、勝間塾が人生の大きな岐路になったことが伝わってくる文章でした!

 

でも、気になるところがいくつかありますよね?

 

まずはご自分でどこに違和感を感じるかをメモしてみてください。

 

 

文章の気になるところ

 

文章を読んで、僕が気になったところを2つ挙げます。まだ僕も文章の勉強中なので、他に気になったところがあったらコメントから教えてください!

 

ストレングスコーチとは?

 

最初に感じた疑問は、『ストレングスコーチ』という肩書です。

 

ほとんどの人は『ストレングス』という言葉を知らないのではないでしょうか。

おじさん
もしかして知らないのは僕だけ?

 

文章中にも、当然のように『ストレングス』という言葉が使われています。入塾しようと思っても、知らない言葉によって、先輩塾生とのを感じてしまいます。

 

専門用語は、書き手が当たり前に使っていて気付かないことが多いです。

 

明確に何が専門用語かという決まりはありません。よく言われるのは「ブログの文章は、小学5年生にも分かるように」ですね。

ちなみにストレングスファインダーとは、「自分の強みを知るツール」のようです
うさぎ

 

 

タイトルと内容の不一致

 

勝間塾のコラムを添削した松嶋有香さんの本の中でも、タイトルと本文の内容が噛み合っていない塾生のコラムはいくつかありました。


大人の文章添削: 20人のコラム 公開処刑しました

 

今回のタイトルは、「『できなかったこと』が『できるようになる』勝間塾」です。

 

読者はタイトルを読んで次のようなことを考えます。

何ができなかった?

何故できるようになった?

できるようになって、どう変わった?

 

ところがやっち☆さんの文章は、何ができなかったのか、はっきり分かりません。そのため、何故できるようになったのか、どう変わったのかも分かりません。

こういう文章は意外と多いです
うさぎ

 

論理的な文章とは

 

論理的な文章は、たいてい主張やタイトルが結論になります。

 

そして結論が正しいことを理由が支え、理由が正しいことを事実・根拠で支えます。

 

主張:スマホの販売を禁止する法律を作るべきだ。

 

理由:なぜなら、スマホの普及によって読書量が著しく減っているからだ。

 

事実:たとえば、スマホを持つ子供の1ヶ月の読書量は1冊に満たない。読書量の少ない子供は…。

 

主張だけを聞くと、納得できない人がほとんどでしょう。そこで、読者に理解してもらえるように、主張を理由と事実・根拠で支えます。

 

当たり前のことを主張しても誰も読んでくれないので、ちょっと変わった切り口を提示するのがGoodですね
うさぎ

 

 

 

元の文章を論理的に

 

元の文章を主張・理由・事実に当てはめてみます。

論理的な文章

 

主張勝間塾はこれまで出来なかったことが出来るようになる

 

理由なぜなら、出来ないことを出来るようにしてくれる仲間が沢山いるから

 

事実例えば、起業を考えることすら出来なかった自分が、ストレングスコーチの資格を取得することが出来た

 

これが今回の文章の骨組みになります。この骨に身を付けていくように文章を補強していきます。

 

具体的には、どんな仲間が何故自分の力になったのか、そして自分の出来ることにどんな影響を与えたか、ということを説明します。

 

ストレングスコーチについても、どんな資格で、何故取得しようと思ったのか、取得してどうなったのかを説明します。

 

もちろん、理由は複数あっても大丈夫です。というより、複数あったほうが主張をしっかり支えることが出来ます!

 

まとめ

 

論理的な骨組みと比べてみると、元の文章は次から次へと思いついたことを書いているように見えないでしょうか?

 

論理的な文章がどういうものか掴んでいただければ幸いです!

 

また、他人の文章だと欠点が分かりやすいことが理解していただけたと思います。

 

僕も偉そうなことを言える立場ではなく、いつも迷走しながら文章を書いています。なので、今後も他の人の文章を読んで、自分の文章を改善していこうと思います!

 

おじさん
まずは勝間和代さんの無料メルマガをチェックしてください

勝間和代さんのオフィシャルメールマガジンはこちら

 

勝間塾の塾生であり国語教師でもある松嶋有香さんの本は、私のバイブルです
うさぎ


大人の文章添削: 20人のコラム 公開処刑しました

-論理的な文章の書き方

Copyright© BlogFarming , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.